ミニストップは6月19日、インドネシアに1号店を開いた。
コンビニエンスストア事業は外資規制があるため、店舗の運営はエリアフランチャイズ契約を結んだ現地小売業のバハギア・ニアガ・レスタリ社(タンゲラン市)が手掛ける。海外展開は6カ国目となり、2017年度末までに300店体制を目指す。
ジャカルタ近郊のタンゲラン市内に出店する1号店は売り場面積150平方メートル。約40席の飲食スペースを設け、おにぎり(約90円)やカレーライス(約240円)、ソフトクリーム(約70円)など約40品目の店内調理品をそろえる。
ミニストップから商品開発担当など社員2人が常駐し、13年度中に10店まで増やす。
インドネシアにはすでにセブン-イレブンやローソンが進出しており、ミニストップは店内調理などの独自商品を強みに成長市場を開拓する。

2013.6.18. 日経新聞より