コンビニエンスストア大手5社は、2014年度に合計で4,800店を国内で出店する。
出店から閉店を引いた純増数は3,200店程度で、ともに過去最多となる見通しだ。

セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの上位3社がそろって千店以上出すのは初めて。国内店舗はすでに5万店を超え、各社の消耗戦になりつつある。
3社とサークルKサンクス、ミニストップの大手5社の13年度の新規出店は計約4,560店の見込み。14年度はこれを6%ほど上回る。他チェーンの買収などを除いた新規の出店数が4年連続で過去最多を更新する。

最大手のセブン-イレブンは14年度、約900億円を投じて1,600店以上の出店を計画。13年度見込み(1,500店)を上回り最多になる。既存店ベースの売上高は2013年11月まで16ヶ月連続で前年同月を上回り集客力の強さが目立つ。純増数も1,200店の見込み。14年度末には店舗数は1万7千店を超え、売上高シェアは4割に達する見通しだ。

2位のローソンは14年度、1千店を新規出店する計画。首都圏が中心だった健康志向の商品を集めた「ナチュラルローソン」を全国で出店する。

3位のファミマは13年度と同水準の1,500店を出店する。ドラッグストアや調剤薬局と提携し、コンビニとの融合店を200店以上出す。
4位のサークルKサンクスは13年度見込みより2割以上多い600店を出店する。

13年度の5社の店舗純増数は国内の3千店弱に対し、海外は5千店規模になる見通し。国内の競争激化に対応し、海外展開を加速させている。

2014.1.13. 日本経済新聞より