和風ファミレス「和食さと」を運営するサトレストランシステムズは低価格の天丼チェーンを展開する。
店舗名は「天丼・天ぷら本舗さん天」。
7月末をめどに大阪市南部の幹線道路沿いに1号店を開く。
将来はフランチャイズチェーン(FC)も含めて300店以上に拡大し、「和食さと」に並ぶ事業の柱に育てる考えだ。
客単価は500円前後を想定し、売上高は1店あたり月間600万円を見込む。
天丼チェーンはロイヤルホールディングスの子会社が「天丼てんや」を約120店展開するが、ほかに参入企業が少なく、牛丼などに比べ外食の市場規模は小さい。(2012年5月16日 日経より)