日本チェーンストア協会が6月20日発表した5月の大手スーパーなど57社の売上高は、出店や閉店の影響を除く既存店ベースで前年同月より1.2%減った。
減少は2カ月連続。野菜の値下がりに加え、5月前半は気温が低く初夏物の衣料品の動きが悪かったという。
日本フランチャイズチェーン協会が同日発表した5月の大手コンビニ10社の既存店売上高も、前年同月より1.2%減った。マイナスは12カ月連続。

2013.6.20. 朝日新聞ニュースより