イズミヤは10月4日、ファミリーマートと組んでスーパーとコンビニエンスストアの機能を融合した新型店を出店すると発表した。10月29日に大阪市内に1号店を出す。来年にさらに1店を追加出店する予定。
出来たての総菜や生鮮食品などのほか、コンビニの商品とサービスを1カ所で提供することで利便性を高め、消費者を囲い込む狙いだ。
イズミヤがファミマのFC加盟店となって店舗展開する。大手スーパーがコンビニの加盟店になるのは珍しい。イズミヤにとって新業態店となる。
1号店の「ファミリーマート×イズミヤ寺田町東店」(大阪市)は24時間営業。売り場面積は約400平方メートルとイズミヤで最も小さい食品スーパー(標準店で約1千平方メートル)より小型だ。人通りの多い駅前など都市部を狙って出店する。初年度の売上高目標額などは明らかにしていない。
店内にはファミマの通常店舗より5割多い約5千アイテムあり、うち4割がイズミヤの商品。生鮮品で季節感を、調味料などで種類の豊富さを演出する。
総菜は近隣のイズミヤの総合スーパーで作って新型店に配送することで出来たて感を出す。店内で食事できるイートインスペース(42席)を2階に設け、Wi―Fiも導入。店内での滞在時間を増やして購入機会を増やす狙いだ。

2013.10.4. 日経新聞より