流通大手のセブン&アイ・ホールディングスは12月4日、米高級衣料品店「バーニーズ・ニューヨーク」とライセンス契約を結んで店舗展開する「バーニーズジャパン」の株式49.9%を、東京海上グループのファンドから取得すると発表した。

傘下の百貨店のそごう・西武やネット通販で、米バーニーズブランドの衣料品や雑貨を販売するなど、品ぞろえを強化する。仕入れや売り場作りなどのノウハウ共有も進める。
セブン&アイは2014年1月に約60億円で株式を取得し、筆頭株主の住友商事に次ぐ第2位の株主となる。バーニーズジャパンを持ち分法適用会社とし、役員も派遣する。
同社は「バーニーズ・ニューヨーク」の店名で、新宿や銀座などに計10店舗を展開している。

2013.12.4. 読売新聞