米投資ファンドのベインキャピタルは、宅配ピザ大手のドミノ・ピザジャパン(東京都千代田区)の株式の大半を売却すると発表した。2013年9月末までに、オーストラリアなどでドミノピザを店舗展開するフランチャイズ運営企業に譲渡する。ベイン側はドミノ・ピザジャパンの立て直しに一定のメドが付いたと判断した。
株式の譲渡先はオーストラリアやヨーロッパでドミノピザを展開する「ドミノ・ピザ・エンタープライズ(DPE)」で、ドミノ・ピザジャパンの企業価値を250億円と判断し、75%の株式を取得する。譲渡額は最大180億円程度になるとみられる。DPE社は世界に1万店あるドミノピザの約1割を運営しており、今後はチーズなど仕入れの共通化などに取り組み、収益性の向上を目指す。
ドミノ・ピザジャパンは2010年にベインキャピタルが60億円で買収した。現在は関東を中心に216店舗を運営し、2013年3月期の売上高は215億円。売上高でフォーシーズ(東京・港)が展開する「ピザーラ」に次ぐ業界2位。

2013.8.13. 日経新聞