日本マクドナルドホールディングスは1日、同社商品の宅配サービスを本格展開すると発表した。
首都圏17店で試験的に実施しているが、2013年末までに全国250店に拡大し、最終的には全店舗の半数弱に当たる1500店、売上高500億円以上を目指す。
注文は1回1500円以上で、配達料が300円。インターネットか電話窓口に注文する。
同社は12年1~9月連結決算も発表した。フランチャイズ店を含めた全店売上高は前年同期比0・4%増の3939億円で、営業利益は17・8%減の177億円だった。収益向上策として、小型店を中心に13年に110店を閉鎖する一方、ドライブスルー併設型大型店を年間120店ペースで増やしていく方針だ。
都内で開かれた記者会見には女子レスリングの吉田沙保里選手が登場し、「お店と変わらない、できたての味です」と便利さをアピールした。

2012.11.1. 読売新聞

日本マクドナルドホールディングス株式会社 ホームページ