バーガーキング・ジャパン(東京・渋谷)はFCの本格展開を始める。
現在5店のFCを2017年までに150店に引き上げる計画。
駅前店や郊外のドライブスルーなどモデル店舗の出店が完了したことから、地方都市で出店を拡大し、大手ハンバーガーチェーンに対抗する。
総店舗数は現在60超。FCの出店拡大をテコに17年までに300店に増やす。
地方都市でコンビニエンスストアや外食チェーンを展開している企業など約30社と契約に向けて交渉している。
バーガーキングはこれまで、土地代や人件費が高く出店リスクのある大都市圏で主に直営店を出してきた。
比較的リスクの低い地方都市では、原則としてFC契約を結んだ企業に店舗展開を任せる方針だ。

2013.4.20. 日本経済新聞電子版より