米ファストフード大手マクドナルドのベトナム第1号店が2月8日、最大都市である南部のホーチミンにオープンした。ベトナムの外食チェーンで初めてという24時間営業で、ドライブスルーも備えている。
フランチャイズの地元パートナーはグエン・タン・ズン首相の娘婿で米国育ちの実業家ヘンリー・グエン氏(40)。「今後10年でベトナム国内に100店舗以上の展開を目指したい」と意気込みを語った。
1号店には8日早朝から多くの市民が詰め掛けたため、当初の予定時刻を約2時間早めて開店。ビッグマックは6万ドン(約290円)。

2014.2.8. 毎日新聞