ヤフーは4月24日、中古品販売のブックオフコーポレーションに出資すると発表した。出資額は約100億円。議決権ベースで15.02%の株式を取得する。ブックオフが店で買い取った商品をヤフーのオークションサイト「ヤフオク!」で売り出す。ヤフーは品ぞろえを充実し、ブックオフは販路を広げる。ネットと実店舗を融合させたサービスで中古品(リユース)市場の拡大をはかる。
ブックオフが5月中旬に第三者割当増資を実施し、新株予約権付社債(転換社債=CB)も併せてヤフーが引き受ける。新株予約権を行使した場合、ヤフーが所有する株式は議決権ベースで43.22%になる。
ブックオフは店で扱う中古本や音楽ソフトなどをヤフオク!に出品する。ヤフオク!は約200万冊の中古本を扱ってきた。2016年度までにネットでは国内最大級となる1000万冊に増やす計画だ。
ブックオフは7月にも直営店を中心にヤフオク!出品用の買い取り窓口を設ける予定。中古本や音楽CD、ゲームソフト、スマートフォン(スマホ)のほか、新たに衣料品や雑貨も買い取り対象に加える。
ブックオフは調達した資金で、15年度中にも関東地区にオークション商品を扱う専用拠点を設ける。中古品を集めて検品や出荷などの業務を効率的にする。将来は外部企業への開放も検討する。

2014.4.25. 日本経済新聞より