全国で「1,000万円均一の注文住宅」をフランチャイズ・チェーン(FC)展開し、
その本部を運営している株式会社千金堂(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:坂田 克巳、以下 千金堂)は、
加盟店の営業エリア内に進化型レンタル・モデルハウスを建設・保有し、これをその加盟店に賃貸するサービスを開始した。

一般的な住宅会社のFCでは、企画型商品である住宅を固定型のモデルハウスとして、各加盟店に建設・保有させるケースが多数。
千金堂は、FC本部が金融機関等から資金を調達し、土地の選定、モデルハウスの企画・設計を行い、加盟店へモデルハウスの施工を発注、完成後は加盟店に賃貸するサービスを提供することにした。
これにより、加盟店としてはモデルハウスの保有コストを負担することなく集客力を高め、注文住宅の受注件数を伸ばしていくことが期待できるという。

■1年以内の売却により常に最新のモデルハウスを全国各地に展開
このモデルハウスは、長期にわたって固定型の展示場として使用することは想定せずに、概ね1年以内にエンドユーザーに売却することを前提としている。
FC本部が常に最新のモデルハウスを全国各地に展開することで、
実物写真を各種広告に掲載するなどプロモーションに活用するほか、売却後も購入者とのモニター契約により営業活動に役立てていくことを予定している。
この進化型レンタル・モデルハウスの供給を、2015年度に年間120棟とすることを目標としている。

http://1000kindo.com/