ファミリーレストランやファストフードなど外食業界の苦戦が続いている。
2013年4月の外食産業の売上高や客単価は、前年を割り込み、高額品の販売が好調な百貨店とは対照的だ。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の波及効果は乏しく、各社は営業時間やメニューの拡充など、集客対策に懸命だ。
日本フードサービス協会が5月27日発表した4月の外食産業の売上高は、前年同月比0.3%減少した。3月は4か月ぶりに前年を上回ったが、再び減少に転じた。来店客数こそ2.0%増えたが、客1人あたりの消費額(単価)は2.3%減と、2012年5月以来の減少幅となり、「低価格志向」は続いている。

2013.5.27. 読売新聞より