京都発祥のラーメンチェーン店「天下一品」の一部店舗で、中国産ネギを混ぜたネギを「九条ネギ」と表示していたことが、運営会社「天一食品商事」(大津市)への取材で分かった。現在は「ネギ」と是正している。
同社によると、大阪、兵庫、東京、愛知など7都府県のフランチャイズ店18店舗が、ラーメンのトッピングなどで中国産ネギを混ぜたものを「九条ネギ」としていた。グループ内の食材調達会社が仕入れ安定のため、九条ネギの流通が少ない時期は中国産を混ぜることで業者と合意していたという。昨年10月、食品表示の専門家の指摘を受けて是正した。

2014.1.11. 毎日新聞より