日本製粉は10月7日、九州でドーナツチェーン「ミスタードーナツ」(ミスド)のフランチャイズチェーンを14店展開するウミノ(長崎市)を10月31日付で買収すると発表した。買収額は5億円弱とみられる。

日本製粉は関東・関西を中心にミスドを40店展開し、ドーナツ類の原料を供給していて、買収を通じて事業拡大が見込めると判断した。
日本製粉の全額出資子会社のニップンドーナツホールディングス(東京・渋谷)がウミノからミスドのほか、タリーズコーヒー2店を譲り受ける。ウミノの社名はニップンドーナツ九州に変更する。日本製粉はミスドを54店舗展開することになり、ミスドのFC加盟企業としては最大規模となる。

2013.10.7. 日経新聞より