河合楽器製作所は中国やインドネシアなどアジアでの音楽教室事業を拡充する。
フランチャイズチェーン(FC)方式での展開を充実させるため、運営・指導拠点を設ける。教室展開を通じてブランドを浸透させてピアノ販売につなげる。
直営の運営・指導拠点をアジアに設ける方針。
教室運営や講師育成のノウハウ、教材などをアジア各国・地域の教育事情などに合わせてアレンジし、FCとして教室を展開する事業者に提供する。
中国や東南アジアでは経済成長で中間所得層が拡大しており、今後ピアノ市場の拡大が見込まれる。
河合楽器は現在、上海など中国の一部都市を中心にFC方式で音楽教室を展開している。
同社の12年3月期の中国事業の売上高は前の期より約10%伸びたという。

2013.1.5.日経新聞より