石油販売の株式会社りゅうせき(沖縄県浦添市、金城克也社長)グループは介護事業を強化する。9月をメドに那覇市に3拠点目となる施設を開設。5年以内をメドに6拠点に拡大する。

FC展開してきた既存2拠点も6月1日付で自社店舗「ぴたさぽ」に変更する。長寿県の沖縄では介護施設の潜在需要は大きく、新たな収益源に育成する。

大阪市の介護関連企業と結んでいたFC契約が終了するのを機に、リハビリ特化型のデイサービス施設を独自に展開する。施設運営は既存2拠点を手掛けていた子会社、りゅうせきエネプロ(那覇市)が引き続き担う。
9月にオープンする新施設は契約者90人、月間利用者数は延べ600人を見込む。理学療法士らが筋力トレーニングや生活改善指導など、利用者ごとに適したメニューを提供する。
りゅうせきグループは2010年4月に浦添市に施設を開設し、介護事業に参入した。12年8月には豊見城市に2拠点目を開いた。同グループは主力の石油販売以外の新規事業に積極的で、ホテルや飲食にも進出している。

2013.5.31 日本経済新聞より