米国2位のレンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングスは、同業のダラー・スリフティー・オートモーティブ・グループを約23億ドルで買収することで合意したと発表した。

ハーツや米国業界3位のエイビスはこれまで、何度もダラー・スリフティーに対し買収提案を行ってきたが、買収価格や当局の認可をめぐる懸念からいずれも合意に至らなかった。

当局の承認を得るため、ハーツはダラー・スリフティーと競合する自社ブランド「アドバンテージ」をフランチャイズ・サービシズ・オブ・ノース・アメリカ(FSNA)とマッコーリー・キャピタルに売却することで合意した。ハーツは売却額の詳細を明らかにしなかった。

 
2012.8.27 朝日新聞、ロイターより