格安ヘアカット専門店「クイックカットBB」を展開する将軍ジャパン(江別市)は低価格のネイルサロン事業に進出する。
6月上旬にも北海道江別市に出店、4年で50店ほどに増やす。主力の理美容店は直営とFCを合わせ150店。競争が激しくなるなか、ネイル店を第2の事業の柱に育てる。
店名は「ラポール」。30平方メートル程度で2~3席を想定する。
1回30分ほどで、客単価2800円と比較的安い価格設定とする。
ショッピングセンターやスーパーの一角などに出店するほか、既存の美容室への併設も見込む。
出店費用は直営店で600万~700万円とみており、主力のヘアカット専門店より安価に店舗を増やせる。
東京で運営する美容室の一角に4月に実験的に開設したが、事業として成立すると判断し本格展開する。
将軍ジャパンは「15分1000円」を特徴とするクイックカットBBを道内を中心に九州まで約100店展開する。顔ソリを含めた理容や、3000円程度の美容室など価格帯に幅をもたせた店がある。
格安ヘアカット店は駅前などの好立地を中心とする「QBハウス」のキュービーネット(東京・渋谷)を筆頭に競合が激しい。クイックカットBBはFC中心だが、ネイル店で直営を増やし、業態の転換など市場の変化に対応しやすくする。

2013.6.7. 日経新聞より

株式会社将軍ジャパン
http://shogun.bz/