北海道銀行と北洋銀行は5月19日、介護・福祉事業のヒューマンリンク(江別市)に両行系の2ファンドから計7000万円を出資すると発表した。
2ファンドのほか、みずほ銀行系の「みずほ成長支援ファンド」も3000万円出資する。
ヒューマンリンクはフランチャイズ主体でリハビリ特化型デイサービス施設などを全国112施設で展開。今後、年25施設のペースで出店する。調達する資金は施設出店に充てる。
成長分野の医療・福祉分野の道内企業を「オール北海道」で支援する一環で、ヒューマンリンクは新規株式公開も視野に入れており、地域経済活性化に期待できそうだ。
道銀は5月20日、道内の18信用金庫や3信用組合と共同で設立した「ほっかいどう地方創生ファンド」から5000万円出資する。
北洋銀も同日、中小企業を支援する「北洋イノベーションファンド」から2000万円出資する。
2ファンドが同時に出資するのは初めて。
2015年7月期の売上高は前の期に比べ30%増の4億5800万円。
18年7月期には2.6倍の12億円に高める計画だ。
2016.5.20.付 日経新聞より