焼き鳥チェーンの鳥貴族は2016年7月期に過去最高となる60店以上の直営店を出す。
ここ数年は20~40店のペースで出したが、「関東や東海に1000店程度の出店余地がある」(大倉忠司社長)として東日本を中心に店舗網を拡大する。
原材料の国産比率も100%に高めて集客増につなげる。

鳥貴族は全メニュー280円(税別)を特徴に、前期末でフランチャイズチェーン(FC)を含め414店を展開する。今期末に約500店を目指す。
16年秋をメドに牛肉や豚肉を含む全メニューの原材料を国産にする方針だ。15年7月末時点の国産比率は95.8%だった。

2015.9.15. 日本経済新聞より