日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が8月20日に発表した、7月の全国コンビニエンスストア既存店売上高は、前年同月比0.7%減の8030億円だった。
4ヶ月連続で前年実績を下回ったが、減少幅は前月6月(1.9%減)から縮まった。
台風による大雨や梅雨明けが遅かったことなどを背景に、来店客数が減った。一方、コーヒーなどの販売が好調で1人当たりの買い上げ点数が増え、平均客単価は伸びた。
平均客単価は0.7%増と4ヶ月ぶりにプラスに転じた。半面、来店客数は1.4%減と5ヶ月連続で前年実績を下回った。
全店ベースの売上高は3.3%増の8841億円と17ヶ月連続でプラスだった。大手チェーンが全国で新規出店を続けたことが寄与した。
今回から既存店ベースに変更した商品分類別の売上高は、日配食品が1.2%増だった。レジ近くで販売するコーヒーや揚げ物などの売れ行きが好調だった。たばこや雑誌を含む非食品は3.7%減だった。

2014.8.20. 日本経済新聞より