学習塾の京進は日本語教育事業を強化するため、中国の清華大学(北京市)と提携する。まず1月下旬から漫画やアニメ、お茶、古典文学といった日本の文化や芸術などを
両国の識者らが発信するシンポジウムを始める。
中国で京進の知名度を高め、留学生らを東京などで運営する日本語学校に呼び込む。

政治家や学者を輩出する清華大と27、28日に
同大で「清華・京進発展フォーラム」を初めて開く。
日本側からは漫画・アニメ、ファッションに精通した大学教授ら、
中国側からはメディア関係者らをゲストに招いて討論する。
フォーラムは今後10年かけ、日本の文化や教育、経済などをテーマに年数回開く予定。
環境に配慮した経営を進める日本のメーカーの製品なども展示するという。

2015.1.23. 日経MJより