ソフトバンクはスマートフォン(スマホ)用アクセサリーを扱う専門店を全国展開する。
1月30日に関東以外で初めての店舗を大阪市に開くほか、
都市部の商業施設内に年3~5店出す。20~30代女性を主な客層とし、
デザインにこだわったケースやスピーカーなどを扱う。

店名は「cococa(ココカ)」。製品などにも「ソフトバンク」の名前は掲げない。
デザインや素材にこだわったアクセサリーなどを幅広くそろえる。
現在はグループ会社が東京都内など4ヶ所で直営店を運営する。
大阪に開くのは初めてのフランチャイズチェーン(FC)店となる。
今後は直営とFCの両方で店舗網を広げる。

2015.1.30. 日本経済新聞より