葬儀の小規模化に対応し、改装で小型ホールを増やすなど営業を強化。既存施設の葬儀件数は堅調。フランチャイズ(FC)店舗からのロイヤルティー収入も伸びる。葬儀付帯品の仕入れ価格を見直し経費を削減。増収増益。葬儀料金の割引などの特典が受けられる会員数を拡大していく。7店舗の出店を計画する。

2015.2.13. 日本経済新聞より