15年3月期は少子化で学習塾とスポーツ教室の生徒数が減少。不採算の教室の閉鎖と統合を進める。16年3月期は農業体験授業や理科実験などのプログラムの強化を進めるが、生徒数の大幅増は期待することは難しい。添加物や保存料を使わない弁当宅配事業は赤字が続く見通し。

2015.2.16. 日本経済新聞より