日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が3月20日発表した2月の全国コンビニエンスストア既存店売上高(速報値)は、前年同月比1.4%減の6628億円だった。
前年実績を下回るのは11カ月連続。たばこや雑誌の販売減が響いた。降雪でまとめ買いの動きがあった前年の反動も出た。
来店客数は0.1%増と12カ月ぶりに前年実績を上まわった。
平均気温が高めに推移するなど天候に恵まれ、客足が伸びた。
一方、来店客1人当たり平均購入金額は602円と1.5%減り、5カ月ぶりのマイナスとなった。前年同月は関東甲信越を中心に大雪があり、消費者が食品などをまとめ買いする動きが広がったため、反動で減少した。たばこや雑誌の販売低迷も重荷となり、いれたてコーヒーなど店頭で提供する商材や総菜は好調だったが、補えなかった。

2015.3.20. 日本経済新聞より