日本マクドナルドホールディングスが5月1日に発表した2015年1~3月期の連結最終損益は145億円の赤字(前年同期は12億円の黒字)だった。
異物混入問題以降の客離れに歯止めがかからず、固定費負担が相対的に増加したことに加え、FCオーナー向けの財政支援でのコストが50億円かさんだことなどで最終赤字に転落した。
売上高は34.4%減の408億円、営業損益は99億円の赤字(前年同期比は24億円の黒字)だった。
15年12月期通期予想は380億円の最終赤字(前期は218億円の赤字)で据え置いた。
前期に30円だった年間配当については、未定としている。
売上高は前期比10%減の2000億円となる見通しだ。
同社は低迷する売り上げのてこ入れを図るため、15年12月期通期で131店を閉鎖し、店舗改装も進める考えだ。

2015.5.1. 日本経済新聞より