日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が5月20日発表した4月のコンビニエンスストア既存店売上高(速報値)は、前年同月比4%増の7415億円だった。
前年実績を上回るのは13カ月ぶり。前年から続いた消費増税の買い控えの影響が一巡した。
来店客1人当たり平均購入金額は594円の3.5%増と3カ月ぶりのプラスだった。
平均気温が全国的に高く、アイスクリームなどの夏物商品が伸びた。来店客数は0.5%増と3カ月連続でプラスだった。

2015.5.20. 日本経済新聞より