客のクレジットカード情報を盗み見てネット上で電子マネーの購入に使ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は5月28日までに、東京都台東区浅草橋5、元コンビニ店アルバイト、神野大二郎容疑者(29)を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した。
同課は昨年4~12月に、12人のカード情報を使って約120万円分の電子マネーやアクセサリーなどを購入したとみて調べている。
同課などによると、神野容疑者は2014年9月まで東京都調布市のファミリーマートのフランチャイズ店に勤務。客がクレジットカードを使った際、カードを携帯電話のカメラで撮影するなどして、番号や有効期限などを不正入手していた。購入した電子マネーはオンラインゲームで使っていたという。
逮捕容疑は昨年9~12月、不正入手した2人分のカード情報を使用し、17万6千円分の電子マネーを詐取した疑い。
神野容疑者は5月5日、3人分のカード情報を不正取得したとして割賦販売法違反容疑で逮捕されていた。東京地検は同容疑について処分保留としている。ファミリーマート広報室は「元店員が逮捕されたことは誠に遺憾。警察の捜査に全面的に協力する」と話している。
2015.5.28. 日本経済新聞より