コーヒーチェーンの「コメダ珈琲店」を運営するコメダが出店を加速する。
2016年2月期の出店数は90店弱になる見通しで、実現すれば過去最多となる。関東や関西など主力の中部エリア以外に店舗網を広げる方針で、新規顧客の取り込みに注力する。
出店先は関東や関西が中心。コメダは15年2月期時点で中部が343店舗だったのに対し、関東は140、関西は123。年内に山形県に初出店するなど未進出エリアへの出店も進める。
出店強化の足がかりとして、フランチャイズチェーン(FC)加盟店に対し開業前研修を充実させたり、経営をフォローする営業担当者を増やしたりするなど、支援策を強化してきた。経営に慣れた加盟店が多い中部3県以外での店舗運営の質も確保できるようになっている。
パン工場も千葉県印西市に新設しており、1000店以上にパンを供給する体制は整っている。

2015.6.5. 日本経済新聞より