KyoChonチキンは、2006年の米国進出に続き、中国やインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイの6か国に1000店舗以上を展開する、いまや世界的なチキンブランドに成長した。
日本のJASDAQ市場に株式を上場するレッド・プラネット・ジャパン傘下のレッド・プラネット・フーズは、「KyoChonチキン」を展開する韓国のKyoChon F&Bとあいだでのジョイントベンチャー(JV)、「KyoChon Asia Development」を設立することで合意したと、2015年6月18日に発表した。
同時に、レッド・プラネット・フーズの子会社として「キョチョン・ジャパン」を設立。日本でのブランド管理や店舗の運営に当たっていく。
東京・六本木には「チキンとビール」をコンセプトに、264平方メートル(約80坪)の規模で出店。さらに、2016年末までに東京を中心に追加出店を予定するほか、JVを通じて香港のショッピングモールや、マカオや中国広東省、台湾、シンガポールにも展開する計画という。
「KyoChonチキン」は1991年に韓国で生まれた老舗のフライドチキンチェーン。鶏やにんにく、唐辛子などの産地や鮮度にこだわった、食の安全と健康を最優先する姿勢や、便利なデリバリースタイルが、韓国では大好評。その味は甘辛い醤油ベースのオリジナルソースで、味付けした後に揚げることでサッパリしながらも味はしっかり。かぶりつけば、パリッと香ばしい皮の食感が楽しめる。

2015.6.28. J-CASTニュース