2015年8月1日、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」を運営する株式会社セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)は、2017年にベトナムでセブン-イレブン1号店をホーチミン市にオープンさせると7月30日に発表した。
同社の米子会社「Eleven,Inc.」とベトナム「Seven System Vietnam Co.,Ltd.」がマスターフランチャイズ契約を締結した。
同社では、セブン-イレブン・ジャパンが日本で培った日本式コンビニノウハウをベトナムで活かし展開させるため、緻密に連携する。
ベトナムセブン-イレブンは3年で100店舗、10年で1000店舗を目指すとしている。
同店は、日本を含め16カ国、5万6439店(2015年6月末)が展開されており、世界一のコンビニ大手がベトナムへ進出することとなる。

現在ベトナムの日系コンビニでは、「ミニストップ」と「ファミリーマート」が先行進出しているが、両社とも現地パートナー企業との提携解消するなど戦略見直しが求められている。

2015.8.1. Global News Asiaより