ファミリーマート、ミニストップは日本で培った物流や商品開発などのノウハウを生かして中国などで店舗網を広げてきたが、中間層の拡大で今後の成長が見込める東南アジアを攻める。
ファミリーマートは2015年度にタイやフィリピンなど4か国で店舗数を前年度より2割近く増やす。
ミニストップもベトナムで攻勢をかける。

ファミマは15年度の東南アジアの純増数(出店から閉店を引いた値)を234店と過去最高水準に引き上げる。域内4カ国の店舗数を来春には1600店超にする。タイは100店超増やして1300店にする計画。経済成長が続くフィリピンでは74店、ベトナムは39店、インドネシアでも14店増やす。

東南アジア諸国連合(ASEAN)は6億の人口を超え、消費意欲が旺盛な中間層も増えている。中国に加えて海外事業の主力エリアに育てたい考えだ。
ミニストップは11年にベトナムの現地企業と組んで進出したが、思うように多店舗化が進んでいない。改めて現地に食品卸会社を持つ双日や、すでに進出している親会社イオンと連携。
3年で200店を出し、10年後には800店に広げる計画だ。
ミニストップの海外店舗は約2500店(15年3月末)と日本国内の店舗数を上回る。
2000店を超える韓国とフィリピンが中心だったが、今後は成長市場のベトナムでも再攻勢をかける。15年度の東南アジアの店舗数は2割増の570店になる見通しだ。

2015.8.9. 日本経済新聞より