高級時計オメガ(スイス)のステファン・ウルクハート社長は日本経済新聞の取材で、
全世界の販売網を500店と4割増やす意向を明らかにした。
直営と提携企業によるフランチャイズで現在357店ある。
日本を含む世界市場で「500の旗艦店は中期目標で戦略的な願いだ」と語った。

2015年11月から年末年始にかけて機械式腕時計の新モデル「グローブマスター」を日本でも売り出す。
米アップルの参入で注目を集める腕時計型端末(スマートウオッチ)とは距離を置く方針だ。

2015.10.6. 日経新聞より