回転ずし大手の元気寿司は消費者が自宅で食べる「中食」に参入する。
このほど親会社であるコメ卸大手の神明ホールディング(HD)と共同で、スーパーなどに納入するためのサバの棒ずしを開発した。
2016年3月期中に、小売店の店内に持ち帰りずしの専用コーナーも設ける方針という。
外食のすしが飽和状態になるなか、中食市場を開拓する。
元気寿司は今年(2015年)6月、TOB(株式公開買い付け)により神明HDの子会社となった。

2015.10.9. 日経MJより