居酒屋「はなの舞」などを運営するチムニーは2015年11月、鉄板焼きステーキレストランの出店を始める。
既存の居酒屋を改装するなどで今後3年間で30店程度まで増やす計画。
同社は漁港直送の鮮魚を使った居酒屋などを強みとするが、赤身肉ブームを受け、肉料理を柱にしたブランドを追加する。
客単価は昼食時が1200円程度、夕食時が2千円弱を見込む。
アルコールも販売するが、居酒屋ではなく食事主体の店舗とする。
居酒屋の改装などで多店舗化していく方針で、今後はフランチャイズチェーン(FC)展開も検討する。

2015.10.26. 日本経済新聞より