広島市を拠点とするアンデルセングループは、インドネシアでのベーカリー事業に乗り出す。
2016年1月をメドにインドネシアの現地企業と冷凍パン生地の製造・販売を手掛ける合弁会社を設立する。
約3億円を投じて工場を建設し、冷凍パン生地をコンビニエンスストアなどに供給する。経済成長で洋食が広がるインドネシアで需要を取り込む。
持ち株会社のアンデルセン・パン生活文化研究所(広島市)が、インドネシアで最大級のコンビニエンスストア「インドマレット」の運営を手掛けるインドマレットグループと冷凍パン製造の合弁事業について基本合意した。
合弁会社の名前は「タカキ インドロティ プリマ」で、資本金は約6億円。出資比率は非公表としている。
合弁会社が建設する工場は16年6月に完成する予定。
インドマレットグループ傘下のコンビニ店向けに冷凍パン生地を供給する。
将来的にはインドネシアでフランチャイズ(FC)ベーカリーの展開を目指していく。
アンデルセンは香港など東南アジアを中心にFC方式でベーカリー「リトルマーメイド」「デニッシュバーショップ」を展開。
アメリカでは直営店も持つなど海外事業拡大に力を入れている。

2015.11.14.付 日経新聞より