高価格帯の喫茶店「ミヤマ珈琲」や女性客向けに食事メニューを強化した「瑠之亜珈琲」など新業態の開発を強化する。
ミヤマ珈琲はフランチャイズ展開で出店拡大を目指す。
原材料高は重荷だが増収で吸収し、経常利益は4割増見込む。前期に計上した特別利益がなくなり純利益は微減となった。

2015.11.16.付 日経新聞より