日本フランチャイズチェーン協会が1月20日発表した2015年の全国のコンビニエンスストアの既存店売上高(速報値)は前年比0.9%増の9兆2974億円となった。4年ぶりのプラス。14年4月の消費増税で落ち込んだ反動もあって、大手チェーンを中心に販売が回復した。
新店を含めた全店ベースの売上高は4.7%増の10兆1927億円となり、同協会の統計として初めて10兆円を超えた。
15年度はセブン―イレブン・ジャパンが過去最高の1700店を新たに開くほか、ローソンやファミリーマートも1000店前後の積極出店を進めたことで、市場が拡大した。
既存店ベースでも客数が154億人と0.2%増加。年間平均の客単価も0.7%増の601円となった。
いれたてコーヒーの販売が引き続き伸びたほか、レジ横で販売するドーナツなども好調だった。
同日発表した15年12月の既存店売上高(速報値)も前年同月比1.4%増と9カ月連続でプラスになった。
市場拡大が続くものの、大手に比べて中堅以下のチェーンは厳しい状況が続く。
神奈川県が地盤のスリーエフは16年2月期の連結営業損益が赤字となる見通し。
スリーエフはローソンと資本業務提携の交渉を進めている。
独自に店舗網を拡大するセブンイレブンと、提携を広げるローソン、ファミマの3陣営への集約の動きが加速する。

2016.1.20.付 日経新聞より