小中学生向けプログラミング教室を運営するITロボット塾(浜松市)がフランチャイズチェーン(FC)展開に乗り出す。プログラマーや学習塾講師などに運営ノウハウを研修し、静岡県内や東京、名古屋などに拠点を設ける。
ITロボット塾の生徒は15年9月に開かれた国際的なロボットプログラミングの競技大会「ワールド・ロボット・オリンピアード(WRO)」の日本大会で中学生ベーシック部門で優勝、小学生ベーシック部門で準優勝に輝いた。
名古屋市から浜松に通う生徒もおり、中小の学習塾関係者が毎年10件ほど視察に訪れるなど全国的にも注目が高まっている。
同社は2014年3月、浜松市内に「ITロボット塾」を開設。
小学2~中学2年生の約100人に米マサチューセッツ工科大とデンマークのブロック玩具メーカー、レゴ社が開発した教材キットを使ったプログラミングや英語などを教えている。1
授業は1クラス12人で週1回、80分。
4月には静岡市に2教室目を開設する。
静岡での教室開設を機に、教室運営を担う人材育成にも取り組む。
県内のIT企業のプログラマーや学習塾講師などを対象に、浜松、静岡の教室で1週間程度、集中研修を開講する。
一定の水準で授業ができるよう教材など教育内容を理解してもらうとともに教室運営のノウハウも伝授する。
研修を終えた受講者には「ITロボット塾」の名称で教室を開き、FCの責任者として運営を担ってもらう。研修費と合わせた教室開設までの初期費用は100万円程度となる見込み。
プログラミングなどを学ぶ機会が少ない地方都市を中心に、10年後に全国100校を目指す。

2016.2.9.付 日経新聞より