ホテル世界大手で「シェラトン」などを展開する米スターウッドホテル&リゾートワールドワイドは、日本でのホテル展開を加速する。
3年以内に現行の18軒から5割増やす考えだ。
「2000万人時代」を迎えた訪日旅行を追い風に、最高級ブランドの導入・拡大や、リピート客の関心が高まる地方の観光地などに店舗網を広げる。
同社はフランチャイズチェーン(FC)や運営受託での展開を主とする。
同ブランドは森トラストグループが京都市で昨春開業した純和風ホテルで初めて国内に導入。
独立性を保ちながらスターウッドの送客力を生かせる利点があり、提携ホテルの開拓に有効とみている。

2016.2.21.付 日経新聞より