プレナスは定食店「やよい軒」をフィリピンに出店すると発表した。現地企業とエリアフランチャイズ契約を結んだ。
今後3年間で10店を出店する計画。やよい軒の海外展開は6カ国目。現地企業に任せることで素早いチェーン展開を目指す。

現地の小売企業が設立した「テイショク・ダイニング・コンセプツ」(フィリピン・マンダルヨン市)とエリアフランチャイズ契約を締結した。
1号店はマニラ市のショッピングモール内に今夏に開店する。
やよい軒はタイでFC展開しており、すでに140店以上ある。
自社で出店すると、現地の市場調査や店舗立地の開拓に時間がかかる。このためノウハウを持つ現地企業とFC契約を結ぶことで出店ペースを速め効率的な運営体制を築く。

また、4月12日に発表した2016年2月期の連結決算は純利益が前の期比14%減の36億円だった。
健康志向の商品の浸透が進まなかったことから、持ち帰り弁当の既存店が不振だったことが響いた。
売上高は4%減の1458億円、営業利益は3%減の64億円だった。
17年2月期の純利益は前期比18%増の43億円を見込む。

2016.4.12.付 日経新聞より