シンガポールで初となるハローキティをテーマにしたカフェ「ハローキティ・オーキッドガーデン」が5月12日、東部のチャンギ空港の第3ターミナルにオープンした。同キャラクターのカフェとして、世界で初めて24時間営業する。到着ロビーのパブリックエリアに位置し、乗客以外も利用できる。

同カフェは、外食サービスを手掛けるABRホールディングスの完全子会社ヨーロッパ・スペシャリティー・レストラン(シンガポール)が、サンリオからキャラクター使用に関するライセンスを取得して運営。ABRはシンガポール取引所(SGX)上場企業で、米アイス専門店「スウェンセンズ(Swensen’s)」などをシンガポールでフランチャイズ(FC)展開している。

2016.5.16.付 NNAより