調剤薬局などを運営するヴェルペンファルマ(埼玉県飯能市)は市内のマクドナルドで認知症の高齢者やその家族らが交流や情報交換をする「認知症カフェ」を始めた。月に2回程度、店内の一部を借りて開く。知名度の高いチェーン店で開催しより多くの人に利用してもらう。
カフェを開くのは「マクドナルド299バイパス飯能店」で、毎月第2、第4火曜日の午後2時~午後4時まで。10人程度の参加を見込む。同社は喫茶店を使った認知症カフェを2カ所で運営しているが、山あいの立地だった。
参加は無料で、飲食物は持ち寄るか店舗で購入する。同社の認知症カフェは飯能市から受託している地域包括支援センターの業務の一環。

2016.6.3.付 日経MJより