セブン&アイ・ホールディングスは傘下の米セブンイレブンを通じて、ガソリンスタンド併設型のコンビニエンスストアなどを展開するCSTブランズ(テキサス州)が持つ79店を取得する。カリフォルニア、ワイオミングの両州にある店舗で、取得日は7月上旬を予定。金額は400億円程度とみられる。
米セブンイレブンは米国で積極的なM&A(合併・買収)によってコンビニの店舗網を拡大。4月末時点で米国では8365店を展開している。

2016.6.6.付 日経MJより