ラーメンやおにぎりの外食産業などが米国でフランチャイズチェーン(FC)展開を目指す。
6月16日に米ニューヨークで開かれた展示会「インターナショナル・フランチャイズ・エキスポ(IFE)」で事業パートナー探しを始めた。
「忍者麺」「さむらいす」など外国人受けする名前も目を引く。米国で本物の日本の味をフランチャイズ展開できるか挑戦する。
日本米のおにぎりをシンガポールで販売するさむらいす(東京・港)は米国人にすしとおにぎりの違いを説明しながら反応を探っているという。
IFEの出展者数は450社。日本からは日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援で外食のほか美容・教育を含む6社が出展した。16~18日の会期中の来場者は2万人と過去最多になる見通し。

*参考:「インターナショナル・フランチャイズ・エキスポ(IFE)」 http://www.ifeinfo.com/

2016.6.17.付 日経新聞より