今、韓国で大ブームを巻き起こしているスイーツ。粉雪のようにサラサラで繊細な食感の新スタイルのミルクかき氷「雪氷(ソルビン)」。韓国では同名の店舗が2013年の1号店(釜山)オープン以来、1年で390店舗、3年間で500店舗近くもオープンしている。 そのほとんどはフランチャイズ契約(直営店は8店舗程度)による展開。
看板メニューのソルビンに加えて2015年には真冬でも楽しめる温かいスイーツ「インジョルミ・トストゥ(きな粉餅トースト)」を発売してさらに人気がヒートアップし、「韓国国内の20代が思い浮かぶデザートブランド」1位を獲得。
2016年3月にはH.I.S.が発表した、SNSの旅好きフォロワー約100万人を対象に調査した「本場で食べたい! 世界の絶品スイーツランキング」で、ソルビンのプレミアムいちごかき氷 が1位を獲得している。人気は韓国にとどまらず、2015年には中国(上海)、タイ(バンコク)にそれぞれ1号店をオープンした。
そのソルビンの日本1号店「ソルビン ハラジュク」が2016年6月30日、原宿駅前にオープンした。
運営するのは、スペイン発の輸入雑貨店「ムイムーチョ」を展開するエンポリオ(東京都江戸川区)。同社初の飲食店となる。
日本国内で2017年までに6店舗、2020年までには50店舗をオープンさせる予定だという。

2016.7.23.付 日経新聞より(Nikkei Styleサイト)