欧州のホテル大手、メリアホテルズ(スペイン)は日本でホテル展開に乗り出す。
2018年までに東京などで超高級ホテル「ミーバイメリア」などの開業をめざす。成長が期待される訪日外国人客の需要を取り込むほか、日本でブランドの認知度を高めて海外での集客につなげる。訪日客の増加や、20年の東京五輪・パラリンピックを見据えて、日本市場に参入する。
開発候補地は東京のほか京都、大阪、沖縄の4地域。メリアは全世界でホテルの運営受託(MC)を展開。一部はホテルブランドの「看板」を貸すフランチャイズチェーン(FC)方式も手がけている。日本でも海外と同じようにホテルの運営受託や、FC方式になるもようだ。
欧州のホテルグループのなかで総客室数が最も多いのは、英大手のインターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)。2位は仏大手アコーで、メリアホテルズは3位。
世界では370軒超のホテルを展開。15年の売上高は約2000億円と14年実績より16%増えた。

2016.7.27.付 日経産業新聞より