メーカーズシャツ鎌倉(鎌倉市)は、台湾・台北に同社のアジア進出1号店を開業する。
同社は米ニューヨークに2店舗を構えており、3店目の海外展開となる。主力商品を日本と同じ価格帯に設定し、アジアで同社のブランドイメージの浸透を目指す。

台北店は台湾の都市鉄道「忠孝復興駅」から徒歩数分の立地。現地の百貨店・太平洋SOGOやファッションブランドが多く集まるエリアで集客が見込めると判断した。
台北店では、日本で標準価格帯となっている5400円(税込み)のシャツを主力の商品群として展開。現地の販売価格は2900台湾ドルになる。
台北店はフランチャイズ契約を結んだ現地企業が運営する方式をとる。
メキシコでも近く同社製品の販売を始める予定で、今後も海外展開を拡大する方針だ。

2016.7.30.付 日経新聞より